東京のシェアハウス

シェアハウスとは

シェアハウスは、他人同士が共同生活を送る住まいのスタイルです。部屋を他人と共同で使用するルームシェアとは違い、シェアハウスでは一人ひとりに個室が与えられます。

シェアハウスで他人とシェアするのは、キッチンや風呂、トイレといった一部分です。

シェアハウスというとなんとなく現代的なイメージがありますが、昔からある学生寮や社員寮といった施設も、言ってみればシェアハウスのようなものです。

ただし、学生寮の場合は入居者が学生のみ、社員寮ならば特定の会社の社員のみと限定されるのに対し、現代のシェアハウスの場合は入居者の限定がゆるやかで、幅広い層の利用が可能となっています。

また、最近は女性限定やシングルマザー、高齢者など、入居者の条件を絞り込んだシェアハウスもあります。

 

東京のシェアハウスのメリット

家賃の高い東京で一人暮らしをするのは大変だけれど、東京のシェアハウスならば初期費用や家賃を抑えることができるというメリットがあります。

また、一人暮らしの場合は防犯面や災害発生時などに対する不安がつきものですが、シェアハウスであれば複数人が暮らしているので心強いことなどもメリットといえるでしょう。

家族と離れ、単身で東京などに出てきた場合、一人暮らしは何かと心細いものですが、シェアハウスならばそういった孤独感も感じずにすみます。

ただし、他人同士が一つ屋根の下に暮らすという住まいのスタイルは、デメリットも存在します。

シェアハウスに入居する人の中に常識をわきまえない人などがいると、厄介です。赤の他人同士が共同生活を送るのですから、多少の違和感はつきものですが、ごくまれに常識の範疇を超えた入居者がいる可能性もあるので、ある程度の覚悟は必要かもしれません。

ただし、たいていのシェアハウスでは、入居者それぞれが異なる生活リズムで適度な距離感を保ちながら生活を送ることができているようです。

入居者が多いシェアハウスなどであれば、特定の人と接触する機会なども少なく、思っていたよりは共同生活のストレスは感じないという人が多いです。