教会のクリスマス

クリスマスミサに参加しよう

クリスマスになると街中が綺麗なイルミネーションで飾られて、ロマンチックなムードになって行きます。

肌寒い季節になってくると、今年もクリスマスの時期になって来たと感じる人が多いでしょう。
キリスト教徒にとっては、クリスマスは特に大事な日で、イエスキリストの降誕を祝います。毎年教会でクリスマスを過ごす人もいるでしょう。

カトリックの教会では、クリスマスイブの夜にクリスマスミサが開催されます。
ミサというのは礼拝のことです。

通常のミサは基本的にカトリックの教会で毎日行われています。
クリスマスミサは、内容的には通常のミサとそう大きくは変わりませんが、クリスマスイブということで、通常のミサと比べて参加する人が多いです。
キャンドルなどで教会の中が彩られており、クリスマスの雰囲気を感じさせてくれるでしょう。

クリスマスミサの参加者は、主に聖書の朗読を聞いて復唱したり聖歌を唱歌したりします。そして、少額の寄付を行うのが一般的です。

 

大きな教会の方が行きやすい

クリスマスと聞くと、恋人と一緒に過ごす日というイメージを持っている人が多いでしょう。
クリスマスが近づいて来ると、カップルが仲良さそうに街中を歩いている姿が目立ちます。恋人のいない人にとっては、ちょっと過ごしづらい時期に思えるかも知れません。

クリスマスミサに興味を持ちつつも、恋人がいないということを理由に、ためらってしまう人も多いです。

しかし、クリスマスミサは1人で参加しても大丈夫です。
カップルがたくさんいるようなイメージを抱いている人もいるかも知れませんが、クリスマスミサにカップルで参加する人はそれほど多くありません。
家族連れや老夫婦が多いです。1人で参加する人もいます。

カップルに囲まれて気まずい思いをすることはまずないでしょう。

また、クリスマスミサはキリスト教徒でなくても参加することが可能です。

ほとんどの教会で予約も不要になっています。
大きい教会だと、クリスマスミサに関する詳細がホームページなどに掲載していることが多いため、行きやすいでしょう。