教会で結婚式

教会での結婚式に憧れる人は多い

結婚式と聞いて、チャペルウェディングをイメージする人が多いでしょう。
ウェディングドレス姿の素敵な花嫁が、ウェディングブーケを持ってバージンロードを歩きます。

結婚式の定番の光景でしょう。
キリスト教徒でない人の場合には、教会ではなくホテルなどに併設されているチャペルを使用して結婚式を挙げることが多いです。
外観は、教会とほとんど変わりないため、本物の教会でなくても素敵な結婚式になるでしょう。

チャペルでの結婚式はまるで映画やドラマに出て来るような場面です。神聖な雰囲気も実感できます。

そして、キリスト教徒であれば本物の教会で挙式をするカップルが多いです。キリスト教徒の場合には、宗派によってややスタイルが異なります。

ホテル併設のチャペル以上に神聖な雰囲気でしょう。
また、キリスト教徒でない場合でも、本物の教会で結婚式を挙げることが可能です。
教会にもよりますが、その際には前もって結婚講座を受ける必要があります。

 

プロテスタントとカトリックの挙式

キリスト教の宗派はカトリックとプロテスタントに大きく分かれます。
キリスト教徒の人が教会で結婚式を挙げる際には、普段礼拝などをする際に通っている教会で挙げることが多いです。
そして、プロテスタントはさらに細かな宗派に分かれていて、教会も宗派ごとに異なります。

結婚式のやり方も、細かな点を比べてみると、宗派によって異なることが多いです。

カトリックはプロテスタントの宗派と比べて戒律などが厳格であることから、挙式に関して見てみてもプロテスタントの宗派よりも融通が利きにくいです。

基本的にカトリックの教会では、新郎か新婦の少なくとも一方がカトリック教徒でないと挙式できません。
そのため、一般の人が教会で結婚式を挙げる際には、プロテスタントスタイルになります。

式の最中は牧師が取り仕切ってくれて、列席者の人たちと一緒に賛美歌を斉唱してから誓約や指輪の交換などを行い、結婚成立を宣言するという流れです。
そして、列席者の人たちに祝福されながら退場します。